琵琶湖花火大会
メニュー

花火大会

琵琶湖花火大会2017 雨天台風は中止ではなく延期!8日に決行か?

更新日:

※8月8日の14時頃、琵琶湖花火大会2017に関する情報を大幅に追記しました。

いよいよやってきました!「琵琶湖花火大会2017」なのですが、台風5号が接近していますので、8月8日の花火大会が中止になってしまわないかが心配ですね。

年に1度しかない滋賀県の名物イベントであるがために、非常に困っていらっしゃる方々が沢山。

この時期は、ゲリラ豪雨や竜巻が多いのですが、よりによって琵琶湖花火大会が開催される時期に、台風が来てほしくないところですね。

琵琶湖花火大会2017では、台風などの荒天や大雨で中止になってしまった場合は、3日後の8月11日に延期になる模様です。

スポンサードリンク

8月8日 主催者側からの最新情報!パート1

ツイッターからの情報によると、予定通り8月8日に決行されます!ここ数日間、台風関係でいろいろと悩まされたましたが本当に良かったですね^^

琵琶湖花火大会の、オフィシャルアカウントからの報告ですので、極めて高い確率で花火大会が決行される事でしょう。

しかし、台風が去った後は風がかなり強い可能性がありますので、ほどほどな感じで信じておきましょう。

あまりにも風が強すぎて、花火大会が中止になってしまう事がないとはいえません。

台風が去ったばかりで、突発的な「ゲリラ豪雨」が発生してしまうかも知れませんが、気にし過ぎないように楽しみにしておきましょう。


琵琶湖花火大会は、元々駐車場が少ない兼ね合いか8日の昼過ぎの状況では、早くも大渋滞になっている模様。

やはりこう言った場合は、公共交通機関で会場に行くのが一番ですので、時間に余裕を持って慌てずに向かいましょう。

そして、帰りの時は暗くて危ないと思いますが、他の人とぶつからないように決して走らないようにしましょう。

スポンサードリンク

8月8日 主催者側からの最新情報!パート2

どうやら、琵琶湖花火大会は傘が使えない模様ですので、その代わりレインコートを持参して下さい、との事ですので少しでも雨が気になる方は、お守りとして持っておくと良いでしょう。

個人的な予想では、夜は雨は降らないと思いますが(降っていたとしても”パラパラ”程度)、こればかりは1人1人の判断に任せるしかありません。


桟敷席(有料観覧席)の方は、残念ながら大雨の影響で席が濡れてしまっている模様。

そのため、敷物が必要となりますので桟敷席の方は忘れないようにしましょう。

2017年度の桟敷席は、このような形になってしまいましたが、来年の桟敷席はゆっったりと座りたいところですね。


そして、8日の大津市の最高気温が32℃という事でかなり暑いですので、熱射病にならないように こまめに水分補給を取りましょう。

台風が抜けた後は、急激に変わって気温が上昇するケースがありますので、軽い気持ちで「涼しい」と思ってしまうと、熱射病にかかってしまう恐れがあります。

何よりも、他人に迷惑がかからない事が一番重要です!そのためにも無茶をし過ぎない程度で、思う存分花火大会を楽しんで下さい。

スポンサードリンク

荒天での中止は8月11日に延期!

花火大会の天敵とも言える台風5号での大雨は、8月7日がピークと言われています。

この影響で、数々の花火大会がリアルガチに中止になっている中、琵琶湖花火大会2017では、ありがたい事に延期という日にちを設けております。

公式ホームページには、ちゃんとこのように記載されておりました。

琵琶湖花火大会

8月11日と言えば、丁度お盆休みに入っていますので、会社員の方の場合は丁度 琵琶湖花火大会が見れますね。

万が一、8月11日も中止になってしまった場合は、8月7日現在ではまだ何も告知がないですので、推測して普通に考えてガチな中止だと考えられます。

しかし、8月11日の天気は曇りという予報ですので、2017度の場合はガチな中止なないと考えられます。

花火大会が決行されるか延期になるかは、8月8日の朝の9時ぐらいに、公式ホームページやツイッターなどで告知するとの事です。


ネット上の情報だけでは心配の方のために、琵琶湖花火大会2017に関する、問い合わせ先の電話番号を伝えておきます。

【びわ湖大花火大会実行委員会事務局】
0180-99-3339(当日)

077-511-1530(当日以外)

やはり、どの花火大会も大雨の場合は問い合わせが殺到しますので、たまたま運良くつながった場合は、かなりラッキーと考えて良いでしょう。

この花火大会は、観客の見込みが35万人と言われていますので、主催者側にとって電話対応で超大忙しなのですが、2017年度も必ず成功するように信じていきましょう。

スポンサードリンク

8日・11日の天気の状態は?

やはり、一番気になる事と言えば8日や11日の天気の状態なのですが、大雨なのかが気になるところです。

では、実際の天気はどのような状態なのでしょうか。

それでは、まず最初に日本気象協会(そら案内)から見ていきましょう。

8月8日の日にちが変わったばかりの時は、降水確率が90%という厳しい天候なのですが、12時から24時では10%という嬉しい結果となっています。

このまま晴れていたら良いですね^^

11日は曇りですので、2017年度はリアルガチな中止になってしまう事は、まずはないと考えて良いでしょう。


次にYahoo!天気での天気予報です。

台風5号の峠を超している8月8日では、お昼からの天気が雨が降らない見込みです。

11日も、曇りですので突発的なゲリラ豪雨がない限りは、どちらかの日で花火大会が決行される確率が高いです。

曇りが多い天気の最大の難点

天気が曇りの場合は、涼しくて大変喜ばしいと考えられますが、一番見たい花火が雨雲で隠れてしまう事があるのです。

先日行われた『第40回 隅田川花火大会』においては、かなり雨が降っていた中決行されたのですが、花火が雨雲に隠れてしまうという、とんでもないトラブルがありました。

ほとんどの場所では見れていたのですが、一部の場所では花火がぼやけているような感じでしたが、それはそれで良いと開き直った方もいらっしゃいました。

しかし、どうせ琵琶湖花火大会2017に行くなら、全然ぼやけていない100%の花火を見たいところですね。

後は、琵琶湖花火大会2017が開催される事を信じて、はっきりと主催者側から決行が決まった場合は、家族、恋人、友達と思う存分はしゃいで楽しんでいって下さい^^

スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています

-花火大会
-, ,

Copyright© 大自然人間☆セハピ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.