メニュー

マラソンに関する情報

鹿児島マラソンの気になる魅力と仮装に関する注意点

更新日:

鹿児島マラソンは、2016年3月に開催されたばかりの新しい大会で、走りながら大自然の桜島を見る事が出来る大会です。

2016年の参加者は、フルマラソン9803人、ファンラン2051人、合計11854人の参加者です。

制限時間が7時間という長めな事もあり、完走率が93.8%という高確率で完走出来てますので、フルマラソン初心者でも安心してエントリーが出来ます。

高低差は約15m~16mぐらいで、コースのほとんどがフラットコースですので、基本的に高低差に悩まされる事はないです。

2016年度の気温は、8時30分スタート時は19℃、最高気温は20℃でしたので台風並みの大雨でない限り、寒さには困らないと思います。

そこで、今回は鹿児島マラソンに関する魅力と、仮装に関する注意点をお話していきます。

スポンサードリンク


鹿児島マラソンならではの応援の熱気

スタートしてからすぐに市街地に入りますが、沿道の応援者の数が凄くいますので、ランナー側も沿道側もテンションMAXです!路面電車もありますので、鹿児島市の市街地らしい風景を楽しめます。

西郷 隆盛の銅像の前には、沢山の人達が「ガンバレ~!」と応援してくれますので、思わず大声で「ありがとう~!」と言ってしまいそうです。

そこを過ぎますと、昔の鹿児島市の衣装みたいな格好をした人達(かるたの勝負衣装みたい格好)と連続ハイタッチが出来ます。とびっきりの笑顔で出迎えてくれます。

そこから数キロ走ると、右に綺麗な綿江湾が見えて、オレンジ色の帽子を被った50人ぐらいの学生さん達が、全員笑顔のハイタッチと元気の良い声援で、一生懸命頑張るランナーに応えてくれます。

もしかしたら、NAHAマラソンのハイタッチより凄いかもしれません(^^

さらに走ると、どこかで聞き憶えのある曲がかかっています。近くで聞くと「YMCA」でした。

しかも、チアダンスの子達が精一杯のパフォーマンスで、YMCAを踊っているのです。30km以上走っているランナーにとっては、本当に元気を貰います。

ところで、なぜNAHAマラソンと同じ曲をかけているのか、個人的に凄く不思議に思いました(^^;

そしてゴール付近です。東京マラソンと変わらないくらいの観客の熱狂が凄いですので、思わず手を振って自然と笑顔でフィニッシュする事が出来ます。

鹿児島マラソンも東京マラソンも、制限時間がのんびりとした7時間ですので、その兼ね合いもあるかもしれません。

スポンサードリンク

仮装に関する注意点

他の人が不快にしてしまう仮装、危険が及ぶ仮装、スポーツイベントにふさわしくない仮装は出走出来ないですので、以外かもしれませんが細心の注意が必要だと思います。

「広告目的」に該当するランナーも禁止です。”主催者目線”から見て広告目的と判断されたランナーは、止められる可能性がありますので、くれぐれも気まずい空気にならないようにしましょう。

これはめったに無いと思いますが、ベビーカー押しながら走る、ペットと一緒に走るのも禁止です。

しかし、海外のマラソン大会では普通にベビーカーを押したり、電車ごっこみたいな感じで5人以上”連携して”仮装として走っているランナー達がいますので、器用と言うか凄すぎるとしか言いようがありません(^^

なお、登録の部では一切仮装で走る事が出来ないですので、どうしても仮装で走りたい場合は、1月に開催する「いぶすき菜の花マラソン」でご自慢の仮装を披露するか、その他の仮装制限に厳しくないマラソン大会で、仮装ランナーとして頑張りましょう。

まとめ

高低差は約15m~16mぐらい、制限時間が7時間という長めなため、フルマラソン初心者の方でも安心してエントリーする事が出来ます。ただし”フルマラソン”のため相当厳しい戦いになります。

特別台風並みの大雨でない限り、基本的に暖かいと感じられると思いますので、ある程度はトイレに悩まされずに済むと思います。

市街地は本当に大勢の観客がいますので、思わずテンションが高くなります。かるたの勝負衣装みたいな人達、50人ぐらいの学生さん達、「YMCA」を一生懸命踊ってくれるチアダンスの子達との楽しいふれあいもあります。

やはり、仮装は程々な格好が無難だと思います。
主催者側の判断で止められると、本当に気まずい空気になりますので、”本番の仮装”は他の仮装制限が厳しくない大会で披露しましょう。

以上となります。”7時間”という制限時間をうまく活用して、沿道の大勢の人達に沢山ハイタッチをしておきましょう!

スポンサードリンク

-マラソンに関する情報
-

Copyright© 大自然人間☆セハピ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.