メニュー

グラビア

宮沢りえのヌールド画像写真集ある?サンタフェの中身が気になる!

宮沢りえ

更新日:


【宮沢りえのヌールド映画一覧】

紙の月【動画配信】


エロティックな関係 【DVD】


宮沢りえさんと言えば、『ぶっとびー』でおなじみの「いつも誰かに恋してるッ」の主演として選ばれたりして、放送されていた頃の1990年代は『ぶっとびブーム』がとんでもなく流行った時代。

ドラマや映画、CMや歌手活動と、数々のジャンルで大活躍されていた全盛期の頃は、絶対に忘れる事のない大人気の女優さんで、爆発的にファンが多かった事は当時の人は良く知っている事でしょう。

そんな彼女ですが、もはや今では伝説の写真集となってしまっている「サンタフェ」では、あの頃の奇跡のショットが盛りだくさんですので、1991年に発売された美しい画像を思う存分かみしめて下さい。


宮沢りえ サンタフェ 宮沢りえ写真集


そして、2013年3月に公開されたドラマ「神様のボート」では、藤木直人さんとの貴重なキスシーン&ラブシーンがありますので、興味がある方は見ておくのも良いかも知れません。


神様のボート(DVD)(2枚組)


今回は、ヌールド画像写真集の関する内容の「サンタフェ」の中身の内容は、一体どのような物なのか、お肌を出されている映画はいくつあるのか、そして、V6の森田剛さんとの熱愛情報や水着写真まで、彼女の素晴らしいところを思う存分ご覧あれ!

スポンサーリンク

宮沢りえ ヌールド画像写真集「サンタフェ」の思い出は?

宮沢りえさんと言えば、1991年の発売された写真集「サンタフェ」で、あの妙なトビラのようなところから全身頑張っている姿で、こちらを向いているところが当時のファンの中では、ドキドキワクワクのお宝ショットで超有名だ。

その1991年当時の頃の思い出を、2014年10月19日から2015年9月20日まで、放送されていた「ヨルタモリ」という番組で、ママ役でのレギュラー出演の宮沢りえさんが色々と語ってくれました。

その頃は、とてもキレイな浴衣を着ておられて、司会者であるタモリさんと出演者同士として本当にお似合いですんで、まずはその懐かしい浴衣画像からご覧下さい。

宮沢りえ

宮沢りえ

さすがは宮沢りえさん。年齢が40代を超していても昔と変わらぬ美しさが、何よりも女優魂が半端なく凄いと感じられ、見る限り日本の女性を代表するタレントさんと感じられます。

タモリさんとの2ショットは、あの初々しい頃の「笑っていいとも」のゲストを思い出させてしまい、思わずヨルタモリという番組が、笑っていいともに見えるのは何かと不思議に思えてしまいます。

そんな宮沢りえさんのヨルタモリでの初写真集での思い出は、そもそも「サンタフェ」という写真集でヌールドになるなんて、本人曰く思いもよらなったそうな。

2015年7月26日放送では、サンタフェのカメラマンとして撮られていた篠山紀信さんが、ゲストとして出演された事により、タモリさんとのトークが盛り上がりました。

まず最初に篠山紀信さんが、

篠山紀信
「これ未発表なんですよ」

と言いながら、宮沢りえの非公開の頑張っている写真を3枚持って、生まれたままの上半身をタモリさんに公開した。

それを見ていた宮沢りえさんは、

宮沢りえ
「ちょっと.....やだぁ」

と今までにない恥ずかしさで、思わず頬を真っ赤になってしまいまう。

そりゃ恥ずかしくなるのは間違いないはず。万が一、著者が宮沢りえさんと全く同じような立場でしたら、あまりにも恥ずかしすぎて、収録中すっぽかして逃げ出すかも知れません(笑)

スポンサーリンク


そんな恥ずかしがっている宮沢りえさんをよそに、篠山紀信さんは「これ凄く良いのにね、本に入ってなの」と残念そうに語っておりました。

そこで、横にいたタモリさんは

タモリ
「サンタフェ・アゲイン、出来るんじゃないですか」

とご本人の宮沢りえさんがいる中、生まれたままの姿に対して高評価を頂きました。

率直に考えて本人さんの気持ちになると、嬉しいような・・・ 嬉しくないような・・・ とても複雑な気持ちになってしまうのは言うまでもありませんね^^;

写真集が好きそうなタモリさんと、脱がせる事が好きそうな篠山紀信さん、普通に考えて気が合いそうな感じですので、深夜番組という「ヨルタモリ」ではいろんな意味で自由なのですね^^;


【宮沢りえの懐かしドラマ】

北の国から '98時代 [ 田中邦衛 ]


ヘア写真集「サンタフェ」の中身が気になる!

宮沢りえ

では、宮沢りえさんの禁断の写真集「サンタフェ」の中身が気になるところなのですが、その事を具体的に話していきますね。

宮沢りえさんは、わずか11歳にしてモデルデビューされてから、短い期間で「週刊セブンティーン」の表紙モデルとなってしまうぐらいの絶妙な体系。

昔も今もスリーサイズは変わらないそうで、「B/82 W/60 H/85」ですので、スラリとしたウエストで、大きな波が押し寄せるような感じで、彼女ならではなの魅力的なバストとヒップが世の男性ファンの虜にしている。

サンタフェの中を広げると、上は白いスポーツブラようなのを身に着けており、下は昔懐かしいブルマのようなものを履いております。

しかも、ジャングルのような場所で麦わら帽子を被っており、気軽に一人旅をしているかのようですので、まさしく”麦わら”でおなじみのワンピースのルフィのようだ!

さらにページを開けると、あからさまに全身頑張っている姿で、座り込んで入りショットが何枚かあり、美人さんと気が合いそうなタモリさんが、何回もまばたきしそうなものばかり。

個人的に見て、これはタモリさんが喜びそうな姿がゴロゴロありそうのですので^^; 宮沢りえさんの大ファンの、お父さん世代の方にはもってこいの写真集になりそうだ。

スポンサーリンク


さらにページを進むと、下は良い感じに写真を切ってあるますが、Wikipediaによると2ページだけ全身頑張っている姿があるとか。

しかも、「上、大丈夫??」というような姿が多数見られ、あのアキラ100%が驚いてしまうような宮沢さんの上半身は、まさしく『宮沢りえ100%』と言っても良いでしょう(笑)

さすがに、宮沢りえ100%の姿をお見せする事はできませんが^^; 代わりに、全盛期時代の初々しくて可愛らしい姿がありますので、あの懐かし過ぎる天使のような顔立ちをご覧ください。

宮沢りえ

宮沢りえ

これぞ伝説に残る宮沢りえさんです! 髪の毛はしなやかなロングヘアーで、必ず誰もが癒されてしまう「りえちゃんスマイル」は、当時ならではのプリティ感満載であり”あの頃”の宮沢りえさんですね。

そして、絶対に忘れてはいけないところは、何といってもアヒル口で作られているえくぼであり、ほっぺたがプルンプルンなところが魅力的!

そんな宮沢りえさんの写真集「サンタフェ」の表紙なのですが、言葉で表すより、実際に見てもらったほうが良いかと思いますので、あの昔懐かしいサンタフェはこんなような感じでしたね!


宮沢りえ サンタフェ 宮沢りえ写真集


そうそうコレコレ! この表紙が爆発的に話題になって、1991年当時は購入されるかたが多数いらっしゃいましたので、この写真集は、何十年経ったとしても受け継がれていく事でしょう。

ヘア写真集「サンタフェ」の売り上げが凄すぎ!

宮沢りえ

そして、気になる一つであろう「サンタフェ」の売り上げ部数なのですが、なんと累計で155万部も売れています!

1991年当時の値段は4500円と言われており、そのまま155万部分を足すと総売り上げが69億7500万円という、日本を動かしてしまうほど巨額すぎる金額が働いていたのです。

写真集の印税は契約される会社にもよりますが、本人に渡される金額は多くて10%、少なくても5%もらえるそうですので、仮に印税が低めの5%でもらえたとしても、3憶4875万円も宮沢りえさんに入った事になるのです!

これぞまさしく、”ぶっとび~!!”に相応しいですね(笑)

スポンサーリンク


マジで何に使おうか困ってしまいますね。何となく宝くじの一等賞が当たったような金額ですので、本当に一度で良いから一等賞の宝くじを当てて見たいですね。

それにしても良いな~ 3憶4875万円ももらえるなんて本当に羨ましすぎますね! 少額の100万円で結構ですので、この生活に恵まれなくて困っている著者に恵んで下さい(笑)

っという事で、宮沢りえさんの写真集「サンタフェ」の売り上げは、ミリオンセラーの155万部の歴代代1位だったのですが、歴代2位の売り上げもなかなかのものです。

歴代第2位の写真集は、菅野美穂さんの写真集『NUDITY』

1997年度に発刊されており、彼女ならではの女優魂を見せつけており、堂々の80万枚を売り上げるという、写真集としては物凄い好成績を収められる事ができました。

写真集の方もまだありましたので、1997年という菅野美穂さんの当時20歳という、若々しい年齢のピチピチしたお肌を堪能する事ができます。


写真集「サンタフェ」は今現在でもまだ売ってるの?

宮沢りえ

宮沢りえさんの写真集「サンタフェ」が、1991年に世に出てから20年以上経ちますが、売り上げ部数が155万枚という偉大な記録は、今現在でも破られていないですので、この記録は何十年経ったとしても不動の記録として残りそう。

当時の宮沢りえさんの年齢は18歳。篠山紀信さんは以前宮沢りえさんの母親(りえママ)に、「りえちゃんも18歳になったし、キレイなうちに(ヌールドでも)撮らなきゃね。」と言った訳なのですが、もちろん断られる事が前提でした。

しかし、りえママは予定帳を開いて「可能性があるとしたら連休明けかしら」と言葉を返されて、まさかお肌を出されている写真が撮れるなんて思っていなかったそう。

そんな初々しさと可愛らしさの評判が、絶大的に素晴らしかった頃の制服姿はこちらになります。

宮沢りえ

宮沢りえ

当時の「ザテレビジョン」の表紙に出ていた頃は、ナチュラルな笑顔がステキな美少女であり、当時のりえちゃん風のヘアースタイルが本当に癒されますね。

そして、実際に写真集のサンタフェが、まだ売っているのかが気になるところ。

スポンサーリンク


発売された1991年だけでなく、今現在でも”サンタフェ”の事で注目を浴びておりますが、出来れば全てのページを見たいですね。

実際に調べたところですが、ありがたい事にまだ在庫がありましたが、やはりどうしても在庫が少ないのが現状だ。

今でも受け継がれている感動あふれる、あの懐かしい写真集「サンタフェ」では、一度見たら病みつきになりますので、思わず宮沢りえさんの虜になってしまう事でしょう。


宮沢りえ サンタフェ 宮沢りえ写真集

宮沢りえのふんどしカレンダー写真は売ってるの?

宮沢りえ

宮沢りえさんのオリジナルカレンダーと言えば、本物の植物のような装飾を身にまとい、上には黄色い水着のようなものを装着されておりますが、なぜか下は真っ白いふんどし姿でファンを魅了。

どうしても後ろ姿が気になって仕方がないですが、思いっきり撮られていた彼女本人は、恥ずかしかった事は言うまでもないでしょう。

真正面ではなく、あえてカメラで撮られているアングルが、後ろのふんどしが見れる横の姿ですので、当時の彼女ならではの色気が倍増されている。

特に男性の方ですと、必ずと言って良いぐらい「ドキッ」してしまい、思わず何回もまばたきしてしまうと思います。

ふんどしカレンダーの表紙では、スーパーマリオのピーチ姫のような格好で、真正面にゴロリと横たわっておりますので、まるで異国の国に住んでいる本物のお姫様のようである。

そんな貴重なふんどしカレンダーなのですが、やはり通常のネットショップでは売っていない模様ですが、オークション経由のヤフオクでしたらまだ売っておりました。


宮沢りえ 1990年 ふんどしカレンダー [ヤフオク]

女優・内田理央も主演映画でふんどし姿を披露

内田理央

実は、ふんどし姿で有名な女性タレントは、宮沢りえさんだけではなく、女優として活躍されている内田理央さんもその一人。

映画「血まみれスケバンチェーンソー」で重たいチェーンソーを持ちながら、猛ダッシュしているシーンの内田さんですが、セーラー服の中からチラリとふんどしが見れるのが、ドキドキ感が収まらない事は間違いないでしょう。

もともとこの映画は、2016年2月10日に公開された映画であり、内田理央さんは写真集やDVDを多く出されている、グラビアアイドルとしてもかなり有名ですので、一度は写真集を拝見するのも良いかも知れません。

壇蜜も過去にふんどし姿になっていた?!

壇蜜

そして知る人ぞ知る、あの甘~い声とセクシーボディで有名な壇蜜さんも、実は2012年12月3日にふんどし姿になっておりました。

東京・新宿のロボットレストランという場所で開催された「壇蜜生誕祭」で、どう考えてもお尻が気になってしまう格好で、カッコよく堂々と神輿の上に乗って、法被を着ている多くの女性達に担がれておりました。

スポンサーリンク


上はちゃんと”さらし”を身に着けておりますので、決して事故のような事はないですのでご安心を^^;

しかも驚くのはこれだけではなく、なぜか そのふんどし姿のまま「コマネチ」をしておりましたので、そんな彼女の写真集がありますので、壇蜜さんならではの弾む肉体を十分に堪能する事が出来ます。


ちなみに壇蜜さんが、ふんどし姿とコマネチをしている画像は、Google画像検索かYahoo!画像検索で『壇蜜 ふんどし』と検索しますと、そのような画像がいくつか表示されますので、気になった方は見てみるのも良いでしょう。

映画「エロティックな関係」では宮沢りえの初々しい姿が見れる

宮沢りえ

ここからは、宮沢りえさんが出演されている映画で、お肌を出されている姿が満載のシーンを共有させて頂きます。

映画「エロティックな関係」では、宮沢りえさんのほかに、ビートたけしさんや内田裕也さんなど、超豪華キャスト達が共演しているという、1992年当時ならではだからこそ出来るスペシャルな映画。

日本人探偵と秘書という名コンビが、クライアントからの浮気調査を引き受けた事から、連続事件に振り回されてしまうという物語。

実際の宮沢りえさんの演技は、美少女という若々しい雰囲気がありますが、話し方はスムーズであり、外国語もなかなか上手いと感じられます。

大人の女性らしい表現力もあり、それも含めて輝かしい役柄だと思いますので、当時の彼女としてはなかなかの素晴らしい演技力だ。

映画のタイトルが「エロティックな関係」という事で、濃厚なベッドシーンなどの、男性とのやりとりが伺えるかと考えられます。

しかし、タイトルほど濃厚すぎるようなシーンは無いに近いのですが、宮沢りえさんの美しい下着姿が見れますので、ほどほどなラブシーンを楽しみたい方にとっては、そこそこ良い映画作品なのではないかと思います。


エロティックな関係 【DVD】


そして最も印象に残るラストシーンでは、全ての事件が終わって後に、キャスト達が感傷的な気持ちになりつつも、運転している車がエンストしてしまい、宮沢りえさんがブツブツと言っているシーンが、1992年当時ならではの庶民的さがとても印象的に伝わってきます。

スポンサーリンク

映画「紙の月」では池松壮亮とのベッドシーンが濃厚?!

次に注目したい映画は、衝撃すぎるベッドシーンが濃厚で話題になった「紙の月」

あのデスノートやラストサムライなどの映画で、勇ましい演技力で注目を浴びている池松壮亮さんとの共演で、人生の快楽・破滅という紙一重のストーリーが特徴的。

この「紙の月」という映画は、ごく普通の平凡な主婦を演じる梅澤梨花(宮沢りえ)が、年が離れた大学生・平林光太(池松壮亮)と出会った事により、不倫してしまう事からスタートする。

梅澤梨花は平林光太と2人っきりで、毎日ぜいたくな生活をするために、契約社員として働いている銀行で、誰にもバレないように横領をし続けていた。

しかし、巨額すぎる横領に膨れ上がった事が銀行にバレてしまい、その後は光太でさえ他の女性のところ言ってしまうという、梨花(宮沢りえ)にとって、これほどまでにない破滅という人生を歩んでしまう物語だ。

一方、一番気になるベッドシーンでは、宮沢りえさんの年齢が40代とは思えないほどの体当たりぶりで、すっぴん姿にも関わらず色気が魅力的で、年下の男性に対してのいろんな頑張り方が上手い。

そんなベッドシーンが名物とも言える映画「紙の月」では、ラブシーンにこだわりがある方でも、十分に満足するのではないかと思います。


紙の月【動画配信】

宮沢りえのデビュー映画は「ぼくらの七日間戦争」

宮沢りえ

宮沢りえさんのデビュー映画は、主演としてでも迫力ある演技で大活躍されていた「ぼくらの七日間戦争」では、1988年当時のおてんばぶりが十分に発揮されている。

しかし、当時14歳・中学2年生の宮沢りえさんは、女優として頑張っていく事はなかったそう。

では、なぜ「ぼくらの七日間戦争」の出演に出られたかと言いますと、中学生が主人公の映画になっており、何よりも宮沢りえさんが、中学生時代の良い思い出作りになるかと思い、デビュー映画に出演される事になったのです。

実際の撮影に入ると、現場の雰囲気にのめり込んでいきストーリーが進んでいくほど、彼女自身の心意気が活発になっていき、演技・女優という壮大なスケールが、瞬く間に広がっていきました。

スポンサーリンク


そんなストーリーの内容ですが、1980年代ならではの校則の厳しさゆえに、起きてしまった大人に対する宣戦布告であり、青葉中学1年A組の8人の生徒達が、ある日の境に大人達から姿を消してしまう。

先生達は連れ戻そうとしますが、生徒達は奇襲という作戦で追い払いますが、あきれてしまった大人達は、ついに機動隊を出動させてしまうのだった。

主な内容はこんな感じですが、やはり宮沢りえさんデビュー映画の事もあって、今現在でも受け継がれておりますので、デビュー映画とは思えないほどの彼女の演技ぶりは必見だ。


ぼくらの七日間戦争 [ 宮沢りえ ]

宮沢りえと言えば「三井のリハウスCM」!

宮沢りえさんと言えば、1987年に「三井のリハウスガール」として選ばれた事ですが、やはりブレイクされたきっかけになったのは、子供時代の頃に出演されたこのCMなのではないでしょうか。

宮沢りえ

宮沢りえ

当時16歳の彼女は、初代リハウスガールの白鳥麗子役として、日本国中の男性だけにとどまらず、女性までもが当時の彼女に目が釘付けでした。

CMが1回1回かかるたびに、なぜかドキドキしてしまい一目惚れしまいそうな顔立ちは、まさに日本CM界の女王に相応しいですね!

1980年代の彼女の事を知る方は、何回見ても本当に飽きがこなくて、それどころかどんどん目が釘付けになってしまいます。

そこで、「三井のリハウス」のCMが気になる事だと思いますので、実際にサクッとCM動画の方を見てみましょう!

大げさすぎかも知れませんが、思わず泣けてしまうほど感動的なシーンですね^^

特に、CM終了時の女性の美しい歌声の「♪三井のリハウス~」の部分が、何となく”あの頃”の1980年代にタイムスリップしたみたいだ。

そこで、三井のリハウスのテレホンカードが、今現在でも実際にあるのか探し回っていたところ、やはりネットショップでは売っていなかったのですが、ヤフオクでしたら売っている事が判明しました。


宮沢りえ 三井のリハウス テレホンカード [ヤフオク]


しかし、ヤフオクですらあまり在庫が多いとは言えないですので、バイオリンを弾いているバージョンのテレホンカードを、永久的に保存ができたら本当に嬉しい限りですので、是非ともお財布の中などに大切にしまっておいて下さいね。

スポンサーリンク

宮沢りえのポスターは全盛期時代の主演映画のレアなグッズ!

宮沢りえさんはこれまでに、30作品以上の映画に精力的に出演されており、1988年には『第43回毎日映画コンクール スポニチグランプリ 新人賞』を受賞。

これを筆頭に、合計40以上の受賞歴があるという、素晴らしい成績を収められておりますので、女優魂の凄さがまさに「ぶっとび~」ですね^^

また、過去に出演されていた映画で、宮沢りえさんが載っているポスターがまだありましたので、今現在では貴重とも言えるものを共有させて頂きます。


まず最初のポスターですが、2000年度の香港映画として話題になった「華の愛~遊園驚夢~」で、相手役の男性役とのラブシーンが少しだけ濃厚の映画だ。

実はこの映画では、2001年度において『第23回モスクワ国際映画祭 主演女優賞』に選ばれておりますので、彼女の素晴らしい演技がロシアにまで認められるなんて、同じ日本人として本当に尊敬しますね。

そんな宮沢りえさんの「華の愛~遊園驚夢~」のポスターでは、美しく華やかな綺麗な姿を見る事が出来ます。


劇場用映画ポスター 華の愛1枚限り 宮沢りえ ジョイ・ウォン


次に紹介する映画「豪姫」ですが、公開されたのが1992年という事もあって、当時19歳の彼女の初々しい姿、それと同時に時代劇映画という特性を生かして、勇ましい姿で登場されております。

ポスターの方でも、安土桃山時代ならではのお化粧をしており、女性の御姫様というより お殿様みたいな顔立ちですので、普段の宮沢りえさん以外の姿を見たい方は、かなり貴重なグッズとも言えます。


■映画ポスター『豪姫』 一人柄 勅使河原宏 宮沢りえ


最後に、2002年に公開された映画「たそがれ清兵衛」のポスター。

こちらも時代劇の映画ですが、たそがれ清兵衛の1作品だけで『第27回報知映画賞 主演女優賞』を筆頭に計6つ受賞されておりますので、なんだか宮沢りえさんの事が雲の上の存在みたいですね^^;

あまりにも凄すぎて、思わず口が空きっぱなしになってしまいそうですが(笑) きっとそれだけ、女優という仕事に信念と使命を燃やされているのですね。

そんな宮沢りえさんのポスターは、昔の映画を象徴するような、ほぼシンプルな白黒となっておりますので、時代劇が好きな方に大切にしまっておきたいものですね。


[たそがれ清兵衛 ] 真田広之 宮沢りえ 劇場版映画ポスター


どの映画のポスターでも、あの頃の昔懐かしいものばかりで完成度が高く、大きさというのがB2サイズ(縦72cm×横52cm)ですので、リビングに飾っていてもよし! そして、自分の部屋に飾っていても良い感じですね。

スポンサーリンク

宮沢りえ 貴乃花との破局原因は母親だった?!

元号が昭和から平成に変更されてから間もない頃、日本では絶大な相撲ブームが起こり、貴花田・若花田、2人の兄弟力士の人気ぶりが火をつき、『若貴フィーバー』が起こった時代が今でも忘れられないもの。

後に、2人の兄弟は、貴乃花・若乃花と名前を変えて、日本の歴史に栄光を残す存在になり、貴乃花は20歳の時に大関、22歳の時に横綱という偉大な昇段を駆け上る。

強豪力士でもある武蔵丸を、上手投げで勝利を収められた事は、本当に素晴らしいとしか言いようがありません。

そんな力士である貴乃花と女優の宮沢りえさんが、婚約発表された事は多くの世間から喜びの嵐が気ており、このままゴールインになると誰もが思っていました。

こちらが、本当にラブラブだったその頃の写真になりますが、画像自体本当に懐かしいですね!

宮沢りえ

宮沢りえ

力士と女優さんがハイタッチ! どちらも幸せオーラが凄いものですが、この事をよく知っている方にとっては、いつ結婚されるのかがワクワクしたのではないかと思います。

貴乃花は大関に上がる2カ月前の話になりますが、宮沢りえさんの母親(りえママ)が2人の結婚を猛反対されており、当時の芸能界のご意見番である美川憲一さんに、娘の結婚を考えなおすように説得するように頼まれていたそう。

りえさんのプロデューサーにもその話が来ていたみたいですが、なぜりえママは、そこまでして貴乃花との結婚を猛反対されたのでしょうか。

実は、りえママは彼女の一番大好きな女優業の事を、何よりも大切にしておられたのです。

美川憲一は、りえママの気持ちを大切に尊重して、必死な思いでりえさんに電話で説得。その時のりえさんは電話口で泣かれていたとの事。

その事もあって、婚約してから2カ月後に破局という形になってしまいましたが、その後は1回だけ貴乃花に会っております。

りえさんは貴乃花に、「強い横綱になって下さい。」と伝えられたそう。その破局後の最後の言葉がの通り、貴乃花は誰にも負けない強き横綱となる。

スポンサーリンク


りえさん本人は、これまで以上に活躍する大女優となっておりますので、この破局はただのマイナスなものだけではなく、これからの2人の職業という人生と使命を、果たす上での重要な転機と言って良いのではないかと思います。

一度は永遠の愛を誓った2人ですが、幸せな結婚生活という綺麗に舗装された道よりも、『大勢の人達に夢と感動を与え続ける』という険しい道のりを選んだ事は、今となっては正解だったと言えるのではないでしょうか。

以下の週刊誌では、宮沢りえさんが貴乃花との婚約の件で、具体的に分かりやすく書いてありますので、もし気になった方は見てみるのも良いでしょう。


20世紀の51大事件 私は目撃した! 週刊文春 シリーズ昭和(1)狂乱篇【電子書籍】


今明かすスクープの秘密40 週刊文春 シリーズ昭和(2)怒濤篇【電子書籍】

宮沢りえと森田剛の熱愛を「週刊新潮」が報道!きっかけ何?

宮沢りえ

2017年から宮沢りえさんが、V6の森田剛さんとの関係が熱愛しているとの事で、世間では大変な盛り上がりとなっておりました。

2017年10月27日発売の週刊新潮の内容では、熱愛関係となったきっかけは仕事上の共演であり、「ビニールの城」という舞台の共演が、2人の心に熱い火をつけてしまいました。

そんな舞台「ビニールの城」のパンフレットはこちらになります。


V6 森田剛 ビニールの城 パンフレット


どうやら2人の熱い関係は、ジャニーズ事務所でも公認のようであり、もはや隠すような事はないと思われる。

って言うよりかは、どんなに頑張って隠したとしても、隠しきれない事は事実ですよね^^;

その2人のラブラブぶりは、2017年10月22日「代官山の蔦屋書店」2号館1Fで、宮沢りえさんは森田剛さんの裾をつかんで、少しずつ歩きながら仲良くタメ口で笑顔のまま。

2号館のカフェで、宮沢りえさんは森田剛さんの脇腹をツンツンしたりして、大勢の人達に仲良しぶりを見せつけているように思えます。

森田剛さんは、宮沢りえさん側の椅子に座って仲良く会話をしており、真剣な話なのかりえさんも目で真剣に応えている場面も。

その他にも料理本やハワイ書籍を見る、などの「代官山の蔦屋書店」の物色が終わった後は、周りの人に全然警戒していない中、15分ほど歩いて宮沢りえさんのマンション(自宅)に到着。

スポンサーリンク


りえさんがカギを開けて、森田剛さんと共にエレベーターに乗られていきました。自宅には宮沢りえさんの娘さんも住んでおります。

ここで1つ思う事は、ジャニーズV6と大女優という事ですので、少しは警戒した方がバレすぎないで済むますし、2人の関係がオープン過ぎて、街中で堂々とキスしている写真を公開されたら、世間からのざわつきは とんでもない事になってしまいます^^;

ジャニーズのゴシップ好きの方には、喜ばしい事なのかも知れませんが、こちら側としては少しは周りを気にしてほしいところだ。

それ以外にも沖縄で手つなぎデートという目撃情報も!

宮沢りえ

先程の、2017年10月27日発売の週刊新潮の内容でも、森田剛さん大ファンの方にとってはかなり衝撃的なものだったと思いますが、さらに沖縄で2人ので仲良くしているという目撃情報がありました。

この時も、特に帽子やサングラスをかけるなどの変装はせず、堂々と手をつないでいたという事ですので、それを見ていた周りの人は普通に驚いていた事は言うまでもない。

沖縄に行かれた目的は不明のままですが、さすがに森田剛さんは宮沢りえさんと一緒に、同じ飛行機に乗る事に対して事務所に報告なしでは、彼自身も不利な立場になってしまうかも知れません。

ジャニーズ事務所側としては、今の感じだと明らかに隠し切れないから、『バレてもどうにでもなる』という開き直りのような意思が伺える。

この週刊新潮の報道が広がってしまうその時の、りえさんの娘さんの事が気になる所ですが、代官山や沖縄に行かれていた時は、娘さんが一緒にいなかったですので、2017年当時、小学1年生の娘さんの世話は誰がしていたのでしょうか。

大女優とジャニーズという2人とも恵まれた芸能人で、金銭的にも余裕があると思いますので、その間はベビーシッターさんを雇っていたのかも知れません。

そんな2017年現在の、2人の関係に関する詳しい事が示されている週刊誌が、今現在でもありましたので、どちらかのファンにとっては重要な一冊になるかと思います。


サンデー毎日 2018年01月21日号【電子書籍】


サンデー毎日 2017年09月24日号【電子書籍】


そんなジャニ―ズ事務所でさえ止める事が出来ない2人の関係は、やはりネット上では、この熱愛報道の事でかなり話題になっております。

スポンサーリンク


今回の宮沢りえさんの場合、貴乃花との熱愛関係の時のように、直接本気で止める人はまずいないと思いますので、数年後、早くて数か月後に結婚される事が濃厚と言えます。

宮沢りえさん側のファンにとっては、シンプルに祝福出来ると思いますが、森田剛さん側の熱狂的ファンにとっては、なかなか祝福できない方もいらっしゃる事でしょう。

週刊新潮からの報道により、2人は週刊誌にかなり警戒しているかと思いますが、これからの週刊誌軍団の精妙な張り込みに大いに期待です!(笑)

宮沢りえの全盛期時代の水着姿が可愛すぎる!

宮沢りえ

宮沢りえさんは、全盛期時代の制服姿や私服姿が本当にお似合いなのですが、やっぱり、初々しい姿の水着姿が気になるところですね。


宮沢りえの水着写真(1)


宮沢りえの水着写真(2)


海辺にいる1人の美女は、まるでアニメの世界の人魚姫のように輝いており、ナチュラルな素顔が思わず癒されてしまいます。

全盛期の写真でありながら、上の写真の口紅が大人っぽく見えて、気になるお肌もツルツルスベスベですので、何回見ても飽きの来ないベストショットだ。


宮沢りえの水着写真(3)


宮沢りえの水着写真(4)


宮沢りえさんと言えば、やっぱり笑顔という方は沢山いるかと思いますが、どちらの写真も本当に可愛らしいですね^^

水着姿で、大はしゃぎしているような雰囲気では、本来の宮沢りえさんの良いところを引き出している感じですので、今現在の彼女の水着写真も見たいぐらいですね。

そんな水着姿がお似合いの宮沢りえさんですが、もはや伝説の一冊となってしまっている写真集「サンタフェ」では、全身頑張っている姿が目白押しですので、1991年当時のキレイな素肌を十分に堪能する事ができます。


宮沢りえ サンタフェ 宮沢りえ写真集

まとめ

宮沢りえ

それでは、今回お話した宮沢りえさんに関する内容のまとめです。

全盛期当時、世間に衝撃を与えた「ふんどしカレンダー」では、今現在では『ヤフオク』の方で売っている模様(2018年1月現在)ですので、もし気になった方はチェックしてみるのも良いでしょう。


宮沢りえ 1990年 ふんどしカレンダー [ヤフオク]


累計155万冊売れている写真集「サンタフェ」では、今もなお多くのファンの方達に愛され続けておりますので、何十年経ったとしても受け継がれていく事でしょう。

貴乃花との別れがきっかけで、宮沢りえさんは40以上の受賞歴があるという、とんでもないぐらいの大物女優になりました。

これからは森田剛さんとの関係を大事にしつつ、女優業という真っ当な使命を思う存分果たしていく事でしょう。

以上が今回のまとめとなります。

少しだけスクロールして頂きますと、グラビアアイドル関連のおすすめ記事があります。

スポンサーリンク

宮沢りえ 伝説に残る写真集

宮沢りえ サンタフェ 宮沢りえ写真集

宮沢りえがお肌を出されている映画

エロティックな関係 【DVD】

紙の月【動画配信】

宮沢りえのデビュー映画

ぼくらの七日間戦争 [ 宮沢りえ ]

森田剛と宮沢りえが出演されていた舞台のパンフレット

V6 森田剛 ビニールの城 パンフレット

あなたにオススメの関連記事

雛形あきこのヌーディー画像ある?昔の水着カップ写真がかわいい!

二階堂ふみのヌーディ画像は写真集の中身?!水着カップ数は?

小野真弓ヌヘアード画像はフライデー!写真集【赤い花】が話題?!

-グラビア
-

Copyright© 大自然人間☆セハピ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.