メニュー

花火大会

佐世保シーサイドフェスティバル2017の【花火】台風は雨天中止?

させぼシーサイドフェスティバル

更新日:

いよいよ時間が迫ってきた『させぼシーサイドフェスティバル2017』の花火大会ですが、台風5号が迫っているので決行されるのかが気になりますね。

この時期は台風やらゲリラ豪雨が多発していますので、こまめに天気予報を見ないと痛い目に遭ってします。

大雨でも開催された第40回 隅田川花火大会2017では、本当に神対応としか言いようがありません。

実は、させぼシーサイドフェスティバル2017の花火大会は、延期という日にちは設けない模様です。

スポンサードリンク

大雨での中止は延期なしの予定

本大会の花火大会では他の花火大会とは違い、中止になってしまった場合は”中止のまま”で、2018年の来年まで待たなくてはいけません。

させぼシーサイドフェスティバル公式ホームページには、このように記載されております。

開催日時
8/6(日)20:30~(予定)
(花火中止の場合の順延日はありません)
荒天時などイベント情報をTwitterで配信いたします。

ツイッターでは、イベントの事でいろいろとつぶやかれていますので、こまめに見ると6日当日には決行か中止なのかが分かると思います。

【8月6日追記】
Twitterの情報によりますと、最終決断は17時頃に決めるという事ですので、もうしばらくお待ちください。

しかし、ネット上の情報だけでは心配の方も、いらっしゃると思いますので、問い合わせの電話番号の方も記載しておきます。

【させぼシーサイドフェスティバル実行委員会】
0956-46-6855

台風が接近しているという事で、電話がつながらない可能性がありますが、時間をずらしてかけるとつながる可能性があります。

他の地区の花火大会が、早々と中止になっている中、させぼシーサイドフェスティバルの場合は、最後の最後まで様子見でいくようですね。

本当にお願いだから『おもいっきり台風がそれてほしい』ところですが、これも自然現象ですので、人間の力ではどうする事も出来ません^^;

それにしても、2017年度の今回だけは”延期”というものを、設けてほしいところですね。

スポンサードリンク

8月6日の天気の状態(8月6日追記)

本当にこの時期の自然災害は、どうにもならない部分ではありますが、ほんの少しでも勢力が収まってほしいところですよね。

8月6日の15時現在、日本気象協会(そら案内)の情報によりますと、8月6日の長崎県佐世保市の天候はこのようになっています。

『曇、降水確率30%』

昨日やおとといの天気予報よりかは、まぁまぁマシになりましたが油断は出来ないですね。

しかし、詳細はこのように記載されております。

6日の長崎県は、台風第5号や湿った空気の影響により、概ね曇りで雨や雷雨となる所があるでしょう。

高温が予想され、熱中症の危険が特に高くなる見込みです。

台風のピークは7日の模様なのですが、6日がかなり微妙という事で何とも言えない程の、ボタンのかけ間違えみたいな状況ですね。

台風が、徒歩並みの超スローペースに動いてくれればいいのに、もしくは進路がお隣の国の中国に大幅にズレれば有難いのですが…

Yahoo!天気での降水確率はこのようになっています。

『12時~18時⇒50%』

『18時~24時⇒60%』

かなり厳しめの予報なのですが、パラパラの小雨程度で済んだら良いですね。

あとは、雨雲があまりにも多すぎて、一番大事な花火を遮らないようにしてほしいところです。

万が一 傘が壊れてしまった時のお守りはレインコート

レインコート

大荒れの台風で外出していますと、ニュース番組などで傘が壊れてしまった方が、多く見かけられますよね。

今回の台風5号は、体感的にはどのような感じなのかが分からないので、万が一、傘が使えなくなった場合のために、レインコート(カッパ)がかなりの必需品だと考えられます。

余計な荷物になってしまい少々大変なのですが、おもいっきりズブ濡れになってしまうよりかはマシです。

花火大会を楽しむのは一番重要なのですが、やはり、無理をしすぎて風邪をひいてしまって、仕事先の他の人達に迷惑をかける訳にはいけません。

こういった日は、守りを固めて正解だと思いますので、万が一、花火大会の決行が本当に決まった場合は、ご自身のお身体に気をつけて十分に楽しんでいって下さい。

スポンサードリンク

-花火大会
-, ,

Copyright© 大自然人間☆セハピ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.